夫とスキー@八方尾根スキー場 20240210-11

20240210_09064952.jpg


スキートップシーズンの2月上旬の連休の行き先に選んだのは八方尾根スキー場。
昨年3月21日の春分の日を利用して1泊2日で訪れたのですが、昨シーズンは春の訪れが早く、2月中旬から気温が上がってしまって3月下旬には滑れるコースが少なく、名木山ゲレンデまでかろうじて滑って下りてこれた状況でした(その後すぐにクローズになった)。

そこで、今年は絶対全コース滑れるであろう建国記念日の休日に合わせた日程に設定。
宿の予約が始まった11月頭に速効で予約を入れたのでした。

おかげで完全に全コース滑走可!
トップシーズンにもかかわらず、私たちが利用したリフトは空いていてほとんど待ち無し。
八方尾根スキー場の移動に無駄な緩斜面とかが一切無い滑り堪えのあるコースと、効率的なコース&リフト設定を堪能し尽くしました。

あまりにも効率よく滑れたので、初日の午後、スキー人生で初めてゲレンデで脚が攣りそうになり、体力的な問題から下山しようかと思いました。
宿に戻って速攻でお土産を買いに出て、戻ってからしばらくへたって動けませんでした。
夕食時も疲れ切っていて、日本酒300ml飲みきれなかったほどです。
夫は終日私と一緒のコースを滑っていたのに、まだ夕食前と夕食後にお散歩に行く元気がありました。
夫、体力あるなぁ!!

しかし、私も念を入れたマッサージとしっかりした睡眠で翌日には元気復活!
2日の午前中は濃霧のため初日ほどは滑れなかったこともあって、午後時間いっぱいまで滑ってもまだ脚が残っていました。

いやぁ、八方、いいスキー場だわ~。
来年も是非この時期に来たいものです。




【今シーズンの滑走記録】


1~3日め 12月28日~30日 野沢温泉スキー場 ※午前スクール
4日め   1月6日 八海山スキー場
5日め   1月20日 八海山スキー場 ※1日スクール
6日め   1月28日 尾瀬岩鞍スキー場
7~8日目 2月10日~11日 八方尾根スキー場

【次回用メモ】


○交通
・行き:0255出発、甘楽PAでトイレ休憩、0605すき家19号中御所店着
    0625すき家発、0715駐車場着(路面はドライ)
・帰り:1615出発、横川PAでトイレ休憩(釜飯が買えた!)、2100自宅着(関越嵐山近辺渋滞)

○支払いは全てPayPayで可能だった

○ホテル事情(ホテル五龍館)
・レストランは浴衣・スリッパOK
・クレンジングはあまり落ちなさそうなボディソープ/洗顔共用の泡ソープのみ
・大浴場に化粧水はあるが、乳液はなし
・最終日チェックアウト後駐車場利用可
・最終日チェックアウト後の温泉は有料(2,000円)
・朝食は07:00~。夕食は別途予約。
※眺望は昨年利用したローゼンハイム白馬の方がよかった。
 ローゼンハイム白馬はチェックアウト後もお風呂には入れるのがいいな。
 来年はローゼンハイム白馬に泊まって、夕食を五龍館に食べに行くのが良いかも。

○スキー場ランチ事情


・サンテラスパノラマは高級イタリアン。
本場イタリアで修行を積んだシェフが作ってるだけあってお値段相応に美味しかったがゲレ食にそこまで求めてないレベル。。。
 土曜日11時過ぎから12時過ぎで待ちが発生している状況ではなかった。

20240210_114214.jpg

・事前情報では空いているとあった北尾尾根高原テラスはそばや丼など一般的なゲレ食メニューでお値段も普通。
 土曜日に通りかかったときはやってるのか?というほど空いていたのに、50席しかないので、日曜日の12時頃~12:40頃まで滞在したら常に待ちが発生している状況。

20240211_121110.jpg

【今回の記録】


VID_20240211_143956_00_037_2024-02-16_22-46-54_スクリーンショット
↑最終日の最後に滑った裏黒。めっちゃ楽しい♪

・天候:1日目晴れ、2日目午前中は山頂部は濃霧、下部は晴れ、午後は晴れ
・気温1日め:9:00 -5.5℃、最高気温13:00 5.8℃(アメダス白馬:標高703m→山頂1830m=概ね7度低い ベース770m)
・気温2日め:9:00 -1.1℃、最高気温14:00 1.8℃(アメダス白馬:標高703m→山頂1830m=概ね7度低い ベース770m)
・服装:
  ・インナー1:1日目・ミレーのドライナミックメッシュ、2日目・ファイントラック
  ・インナー2:クラフトのアンダー
  ・ミドルレイヤー1:Goldwin アドバンスウォーム
  ・ミドルレイヤー2:パタゴニア(品番不明)フリース
  ・アウター:Goldwin ゴアテックス 2レイヤー
  ・ボトムスインナー:Goldwin アドバンスウォーム
  ・ボトムス:厚手
  ・1日目:MAROOのフェイスマスク、2日目:TUBE9のフェイスマスク

・リフト混雑状況:
  ・名木山トリプルは0800運行開始。初日は0750頃に並んだら折り返しが発生する長い列だったが、運行開始したら5分で乗れた。
  ・2日目日曜日は山頂が雲の中だったのでゆっくり出発、9時頃にはリフト待ちほとんど無し
・リーゼンクワッド、アルペンクワッド、スカイラインペアはそこそこの混雑
・グラードクワッド、咲花第3クワッド、国際第1ペアは終始リフト待ち無し
・今シーズンは黒菱第3ペアは運行せず
・雪の状況
  ・コースは全面オープン
  ・コブは浅いが一部固いところあり
  ・全体的に雪質良

・滑走記録:(おむすびと展望コース(&迂回路)以外全コース制覇!)
1日目
 ・午前(0812-1120)リーゼン→兎平→グラード→スカイライン→北尾根→パノラマ
  ・午後(1230-1525)オリンピック2(右)→オリンピック1(中)→セントラル→リーゼン→名木山
 2日目
  ・午前(0912-1205)スカイライン→スカイライン→兎平→パノラマ→オリンピックⅠ(中)→オリンピック2(右)→咲花
  ・午後(1251-1545)北尾根→オリンピック2(右)→オリンピック1(中)→グラード→裏黒→兎平→リーゼン→名木山

・昼食:
  ・1日目1120~1230 サンテラスパノラマはやや余裕あり。日替わりランチとコーヒー
  ・2日目1205~1245 北尾根高原テラスは終始待ちが発生している状況。カルビ丼とコーヒー

・今回回意識したこと:
  ・下に目標物を決め、そこに身体をまっすぐ向けて下りる
  ・ターンの切り替えで上に飛ばない
  ・夫に泊まってもらって動画を撮ってもらう
   ←意識したことは概ねできた
  ・途中で外脚をしっかり押す感覚が分かったので、急斜面不整地でも外脚をしっかり押す練習ができた(ボーゲン、シュテムターン)
  ・急斜面で身体を斜面に垂直に落とす感覚が分かったのでその練習ができた
   ←次回意識すること
  ・雪面が固くなると身体が遅れ、外脚を突っ張ってしまうので、どのような状況でも身体が送れないで外脚をしっかり押せるように練習する
  ・バンクラインのイメージが分かったので、ボーゲン、シュテムターンでバンクラインを通る練習をしてみる

・その他
  ・新たに導入したVivoactive5は100%スタートで2日間計12時間くらい滑って、21時過ぎに帰宅してまだ電池が38%あった。
  ・85%までの充電の運用でいけそう


↑名木山の花火が宿の窓から見えました

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】