スマホの電池換えました

今のスマホは2021年11月に購入した物。
2022年3月にカメラの不具合で基板交換しているので、そのときに電池も交換していたとしてもそろそろ2年になります。
スマホ、だいたい2年位すると電池がもたなくなってきますよね。

私のスマホも仕事の帰りまで電池がもたず、途中で継ぎ足し充電が必要な感じになってきてしまいました。

スマホのバッテリー情報ではバッテリー性能はまだ80%以上で、内蔵電池の充電能力は良好とのことですが、バッテリーのキャリブレーションをしても状況はあまり変わらず(気持ちもちが良くなったかも)、AcuBatteryを入れてみたら、77%(3,300mAh→2,557mAh)でした。
(体感的には半分くらいなんですが77%もあるのか)

Screenshot_20240208-075344_AccuBattery.jpg

ちょっと耐えられない使用感なので、ポチッとな。

Samsungの純正品が通販で買えると知ったのは互換バッテリーをポチッとしてから。。。
互換バッテリー2,000円、純正品3,980円なら純正品を買ったのになぁ。
一応、ネットで評判を見て、良さそうだったGlobalSmartの電池です。
(互換バッテリー、下手したら火を噴いたりして非常に危険。また表記通りの容量がないのが一般的です)

明後日からのスキーで電池が心許ないのは不安だし、2/6(火)にポチった電池が早速2/8(木)に届いたので、夜にネット情報に従って電池交換。
GlobalSmart、Amazonには日本の中小企業のマークがついていましたが、実のところ、疑っていましたwww
が、届いたパッケージはしっかり日本語で記載されていて、とてもきれいなパッケージでした。
#2,000円の電池にここまでしなくてもと思わなくもありませんが。。。

20240208_210220.jpg

さて、裏蓋がなかなか開けられないのでは?とか、電池がなかなか剥がれないのでは?と心配した電池交換ですが、よくできたページのおかげで1時間でできました。

Samsung Galaxy S10 バッテリーの交換

Samsung Galaxy S10 バッテリーの交換

このガイドを使って Samsung Galaxy S10のバッテリーを交換します。 バッテリーは強力な接着剤で固定されています。iFixitの接着剤リムーバーもしくは高濃度(90%以上)のイソプロピルアルコールを使って、バッテリーの接着剤を柔らかくすると、作業が簡単に進みます。...



Acubatteryによるとバッテリーの最初の推定定格容量が2,970.7 mAh。
正規の定格が3,300 mAhなので、最初から90%しかないですね。

Screenshot_20240213_100244.jpg

そして、最初の充電では、推定容量が2895mAの88%でした。

Screenshot_20240213_100309.jpg

正規の電池が100%→77%が2年だとすると、88%→77%は1年位ですね。
まぁ、お値段相応ということか。
(次は正規の電池を買おう)

よくよく見てみたら、私のスマホ、
バッテリーとデバイスケア>バッテリー>その他のバッテリー設定>で
「バッテリーを保護」という項目があって、最大充電量を85%に制限できるんですね!
実は、職場など給電できるときは、給電しながら使った方が電池が長持ちするかも。
(電池は100%で消耗するらしいので、100%まで充電された状態で給電で使うのは良くなさそう)

****
スマホはこれまで自分で電池を交換する派でしたが、今回はスマホの修理屋さんにお願いする気満々でした。
純正電池代+作業の手間を考えたら、市場価格の1万円程度なら全然払ってもよいかと。
が、いくつかの業者さんに連絡を取ってみたら、電池取り寄せと修理と2回行く必要があるとか、作業時間が読めないし、予約はできないから、営業終了時間より相当早めに行く必要があるなど、時間的な制約が大きくて断念。
なかなかうまくいかないものです。

スマートウォッチ買い換えました vivoactive5

20240130_224049.jpg


私の普段使いの時計はガーミンのスマートウォッチのVivoactive3でした。

最初に活動量計を買ったのは2017年1月25日のvivo smart HR J。睡眠時の心拍が測りたいなと導入しました。
次に買ったのは2019年3月21日のvivo active 3。駅までランをするようになってGPS付きのが欲しくなって導入。

Vivoactive 3に不満はなく、便利に使っていたのですが、さすがに5年近く使っているので電池が弱ってきて、午前3時間、午後3時間スキーのログを取ると電池残量が2%になってしまいます。
今度泊まりでスキーに行くのですが、夕方遅くまでがっつり滑っていると、ログが途切れそう。
モバイルバッテリーを持って行って途中で充電するということも考えられますが、最近のスマートウォッチはボディバッテリーやHRV、お昼寝にも対応と、欲しい機能がつく方向に進化しているので、ここは思い切って買い換えることに。
(スマートウォッチとして使っているだけなら、寝る前に100%にして、翌日風呂に入るときに60%の電池残量だけど、私は毎日充電するから大丈夫)

候補はvivoactive5とvenu3。
Vivoactive 5は定価が\39,800、venu 3は\60,800。

私が気になる最も大きな違いは、vivo active5には高度計がついていないこと。
Vivoactive3には高度計がついていて、階段で上った階数やハイキングのログが取れたんですよね。
Venu3には気圧高度計が着いているので、階段の上昇数が取れるし、ハイキングが対応スポーツに含まれるんです。
一方、vivo active 5は階段の上昇数が分からないし、ハイキングが対応スポーツに含まれない。
この機能ダウンをどう見るか。

vivoactive 3が43.4x43.4x11.7mm 43gで、Smartモードで最大7日、GPSモードで最大11時間の稼働時間だったんですが、
Vivoacitive5は42x42x11.1mmで36gと少し軽量・小型化で、スマートウォッチモード11日、GPSモード21時間、マルチGNSSモード17時間
Venu3は45x45x12mm47gと少し大きく重くなり、スマートウォッチモード14日、GPSモード26時間
Venu3sは41x41x12mm40gとvivo active 5よりさらに小型化、スマートウォッチモード10日間、GPSモード21時間。
心拍計の世代は、vivoactive5が第4世代、venuが第5世代。

Vivoactive5やvenu3はvivoactive3と比較してバッテリーの持ちが断然良くなる感じでしょうか。
バッテリーの持ちで言えばvenu3より小さいvenu3sでもvivoactive5と同等な感じですね。
今の時計でも手首の幅ギリギリなので、これ以上大きくなるのは避けたい。
ということは、venuなら3S。

3sだと大きさと電池の持ちはほぼ同等なので、値段の差2万円で、気圧高度計と第5世代の心拍計を取るかどうかですね。
正直、きっちり心拍を取りたい自転車では別途アームバンド型の心拍計を着けるので、心拍計の精度はそんなに求めてないです。
とすると気圧高度計か。。。
階段上昇数は気にしてないのでいいのですが、今後ハイキングに行くようなときはハイキングのログを取りたいかなぁ???
いや、でも、ウォーキングモードはあるから、それで取ればいいのか。

うん、やっぱり必要な機能から考えてもvivoactive5でいいや。
ポチ。

と月曜日にポチったら、火曜日に届きました\(^O^)/
ボディバッテリーやHRV、お昼寝の自動検出が嬉しい♪

そして、全然着目していなかったのですが睡眠の解析や解析が詳しくなってます。
どういう原理か、血中酸素濃度が測れたり、呼吸数が測れたり。
これ、睡眠時無呼吸症候群の検出にめっちゃ役立ちそう。
血中酸素濃度は安静時にしか測れないのね。
インターバル練とかやってるときに測れたら面白そうなのにww






スマートウォッチのような電子デバイスは分析できる内容などが2~3世代違うと大きく進化するので、その頃になったら電池交換するより買い換えたいですね。
とすると3~5年での買い換え頻度となるので、そんなに高い物は買いたくない。
必要な機能をしっかり見極めて、自分に取ってベストな買い物をしたいです。

なお、スマートウォッチなどに使われるリチウムイオン電池は0%~100%まで充電する回数「サイクル数」が500回で容量が半分になると言われています。
これは、例えば50%で100%まで充電する場合は1,000回充電できると言うことで、充電の絶対数とは異なります。
また、リチウムイオン電池は0%付近と100%付近で劣化しやすいので、20%以下まで使わず、80%になったら充電をやめることでおよそ1.5倍ほど寿命を延ばせるらしい。
ということで、今度のvivoactive5はスキーの時だけ満充電で、通常は80%になったら充電を止める運用にしてみよう。
(80%でも1日中ログが取れるなら80%でもいいか)

タブレット買い替えました@Headwolf FPad1

613SZuEICLL_AC_SL1200_.jpg


今まで使っていたのは2016年に買ったZenpad S8.0でした。

画面が4:3で雑誌を読みやすいし、Yahoo!ナビを走らせてカーナビにもなっていたし、随分活躍していたのですが、最近電池の持ちが悪くなったのと、メモリが16GBで、いろんなソフトのアップデートがかからなくってきたのと、動作がすごくもっさりしてきたので、amazonプライムデーの機会に買い替えることに。

ところが、最近は8インチサイズのアンドロイドタブレットは、有名メーカーのはないんですね~。
とりあえずスペックでメモリ64GB、Android 11のこちらを選んでみました。
プライムデーで15,000円を割っていたので、お買い得とは思います。



で、届いてしばらく使ってみましたが、全然普通に使えますね!
もちろんもっさり感のかけらもないし、雑誌を読むだけだったら全然困りません。

解像度が1280×800と前のzenpad2048x1536に比べると、4分の1ですが、雑誌を読んだり、YouTubeを見るくらいだったら全然困りませんね。

また、前のタブレットの電池が死にかけていたからなおさら感じるのですが、画面をいちばん暗くして雑誌を読んでいるだけなら、全然電池が減りません。

イマイチなところは、画面の明るさが自動で変わらないところ。
家では概ね一番暗いところでいいのですが、外にもって出ると、全然見えない。。。。

また、専用の手帳型ケースがないので、汎用型を使うしかないんですが、周りがはみ出すんですよね。。。
でも、カバンの中で画面むき出しで持って歩きたくないから、まぁ、いいか。
これはこれで、意外と持ちにくくないです。

20220731_220547.jpg

SimカードとMicroSDを指すことができます。
今のところ、Simカードは入れていませんが、MicroSDの方は、一度入れてしまうと、取り出すのにピンセットが必要な仕様!
押しても出てきません。
まぁ、そんなに取り出すものではないからいいのですが。。。。
こういうところでとことんコストを切り詰めている感じですね。

しかし、タブレット安くなったなぁ!!!

スマホ初期化・機種変のときの手順メモ

1. LINEのバックアップ
・設定→トーク→トーク履歴のバックアップ・復元→Googleアカウントを確認→Googleドライブにバックアップする

2. ToDoのバックアップ
・三 →バックアップと復元→バックアップ→SDカード→Download等適当なフォルダ→保存

ノートパソコン@サブ1号機のメモリを交換・増設しました4GB→16GB

20220305_220927.jpg

私のノートPCサブ1号機は2019年4月に買った、Lenovo E480です。
買った当初は快適にZwiftができていたのですが、Windowsを11にしたころからZwiftで処理落ちが頻発して、グループライドで数秒データロスしてそのたびにインターバルする羽目に。。。

おかしいなと思って、タスクマネージャーで確認してみると、PCを立ち上げた直後でもメモリ使用率が80%になっていました。
サブ1号機のメモリは4GB。
調べてみると、Windows11は結構メモリ食いで、4GBではかつかつのようです。

スクリーンショット (14)

Zwiftを立ち上げてみると、メモリ使用率が97%、ディスクにスワップに行っていますね。

そこで、メモリを足そうとAmazonを見ると、ノートPC用のメモリも、DDR4の8GBx2でも8,000円してないのね!
昨日注文したら、今日届いたので、さっそく交換。

20220305_222133.jpg

LenovoのPCはネジを外すだけで簡単にメモリにアクセスできます。

20220305_222501.jpg

刺さっていた4GBのメモリを抜いて、8GBを2枚刺します。

スクリーンショット (18)

ZwiftとZwiftMapとChromeを立上げてもメモリ使用率40%♪

スクリーンショット (19)

ちなみに、ZwiftとZwiftMapとChromeが立ち上がってると、メモリ6.1GBつかってますね。
そりゃ、4GBでは処理落ちするわ。。

じつはサブ1号機はZwiftだけじゃなく、仕事でも結構使ってるので、サクサク動くようになって嬉しいです。

備忘録
System Unit E480 IGPU i5-8250U
Camera 720p HD Camera with MIC
Processor Intel Core i5-8250U MB
Display 14.0 FHD IPS AG
Hard drive 2 128GB SSD M.2 2242 NVMe OPAL2
Total memory 8GBx2 DDR4 2400
OS DPK W10 Home
Display Panel E480&R480 FHD IPS AG AL BK
WiFi wireless LAN adapters Intel 3165AC+BT 1x1 No vPro

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】