12/06 通院&リハビリ3回目

日は術後2週間の診察とリハビリに行ってきました。

先週の診察から90度以上腕を上げない挙上制限がついていた他は注意事項はなかったので、日常生活に全く不便は生じていませんでした。
痛み止めも月曜日から飲まなくても大丈夫になり、うっすら左肩を下にして寝られる感じ。
ローラーしていて肩回りの硬さもだいぶ取れてきて、ふと忘れて上の方のものを取ろうと腕を伸ばしてしまったり、朝のストレッチで猫の背伸びのポーズをしようとしてしまったり。。。

レントゲンを撮ってもらって、診察の結果、折れている骨の隙間にうっすらと骨が出来てきている。
ずれなどもなく、経過は順調なので、腕を上げてよい。
外で自転車に乗ってよい
とのこと\(^o^)/

リハビリの先生に、腕を上げてみてと言われて、前から上げてみたら、すっと上まで上がったので自分でも驚きましたww
#先生も驚いていた

右肩の時にバンザイ出来るようになるまで1年くらいかかったことを考えると、ほんと、今回は軽傷(?)で済んでよかったです。
リハビリの先生と話していたら、90度の可動制限の範囲内でしっかりとストレッチをして、肩甲骨なども動かしていたのが良かったのではないかとのこと。
前回の教訓が活きてますねww

診察は1~2週間空けて良くて、リハビリは年内は週1位で来て欲しいということだったので、来週はリハビリだけ予約を入れました。


(パッと思いつく現状残っている問題点)
縫ったところはまだ少し痛くて、リュックを両肩にかけるとちょうど当たって痛い。。
肩を前に寄せるような動作(食器洗いなど)は痛い。
重いものを持とうとすると痛い。
右腕を上・左上を下では背中でギリギリ指先が届く程度、逆は10cm位届かない。
左を完全に下にしては眠れない。
骨折した後、盛大に内出血していた左腕の内側の青いところが少しだけ残っている。

11/29 通院&リハビリ2回め

17日のシクロクロスで落車、骨折した左鎖骨、22日に手術してもらったので、術後1週間の診察とリハビリに行ってきました。
(リハビリは26日(火)に次いで2回め)

退院日、水・木とローラーして、ちょっと汗をかいたので、傷口が感染症などになってたら嫌だなと思いましたが、傷口を覆っていたテープを外してみると、感染症などはなく、経過は順調とのこと。
もう、テープを外してもよくて、汗をかいても良いとのこと(@_@)
通常の鎖骨のプレートを入れる手術だと、プレートの長さ分の傷ができるんですが、さすが最先端の手術、手術の開口部が小さいので、傷の治りも早く、内側を溶ける糸で縫ってるから抜糸も必要なく、傷跡も目立たないと思います。

しかも、担当してくれている山崎先生は数多くの鎖骨手術をしていて、技術が向上するので年々開口部の傷が小さくなっているとのこと。
やはり、医者も技術職!腕のいい先生に掛かるのは重要ですねぇ。。。

レントゲンも撮ってもらって、ずれもなく、順調なので、来週まで90度の挙上制限で、来週レントゲンを撮ってみてよければもう少し可動範囲を広げていく予定とのこと。

IMG_20191129_102315_1.jpg

その後はリハビリで、肩の周りの筋肉をほぐしてもらったり、場所がずれている鎖骨や肩甲骨の位置を修正したり。
もちろん、一気には修正できないので、少しずつ戻していく感じで。
肩甲骨が下がらなくて、左の肩が上がるのはしょうがないと思っていたのですが、鏡を見たら、左の肩が短くなっているのが気になってたんですよね。
すると、左から打ち付けているので、鎖骨と胸骨がつながっているところや、肩甲骨と上腕骨がつながっているところが詰まって肩が短くなってるんですって!
それを元に戻さないとだめですねということでした。

ある程度自分でマッサージしたり、ストレッチしたりできるところはやりますが、自分でできないところもあるので、そこを中心にやってくれて、週1回位通えば良さそうな感じ。
鎖骨を折った人の中でも早くから肩回りの動きが良いので、早く元通りになりそうですねということでした♪

リハビリしてもらっている間に、ハンドル持つと肩甲骨が下がらなくて、背中の筋肉から踏めないんですよねと自分の感覚が合ってるか聞いてみたり、鎖骨を折ると肋骨が固くなって踏めない場合があるんですよと教えてもらったりして、身体への理解が深まります。
数多くの競輪選手が通ってるだけあって、鎖骨骨折と身体のバランスとペダリングへの影響についての知見が相当たまっているようで、ほんと、勉強になります。

競輪選手に比べて、ロードの人は術後いきなり高強度でローラー回したり、高重量で筋トレしたりしないですよねとおっしゃるので、ロード乗りにもそういう人はたくさんいるので、常識の範囲内とか思わず、しっかりこれはやっちゃダメとあらかじめ言っておいた方がいいですよと進言しておきましたwww< not me !www

痛み止めも1日1回~2回しか必要じゃないし、それも、我慢しようと思えばできる程度だし、日常生活に不便が全くないので、つい、早く実走に行きたいなぁと思っちゃいます。
まぁ、骨折してこれほど不便がないというのもすごい話です。。。
来週の金曜日の診察が楽しみです。

2019年11月左鎖骨遠位端骨折

まさか、このカテゴリにまた記事を書くことになるとは。。💦
ここに書いたように、11月17日のシクロクロスのレースで落車して、左鎖骨を折りましたorz。。。

腕は動かせたものの、左の鎖骨が飛び出てるので、これは逝ったかと思い、レースはDNF。
私はジャージを三角巾代わりにして腕を吊って夫に運転してもらいいったん帰宅、着替えて、以前の右肩骨折で使用したスリングを装着して夫が鎖骨の手術をしてもらった、救急も受け付けている病院に徒歩+電車で診察へ。
(遠隔地で救急にかかっても、結局、明日近くの病院に行ってくださいと言われるのが分かっているので、よほどの救急でなければ地元まで帰っても大丈夫)

レントゲンを撮ってもらった結果、左鎖骨遠位端の骨折ということで、鎖骨バンドと痛み止めを処方してもらい、手術をお勧めするから、明日また来るようにと言われました。
夫が手術してもらった病院だし、私もそこで手術してもらうかと思っていたのですが、フェイスブックに鎖骨折った~💦と書き込んだら、自転車友達の律子さんが手術してもらった病院がいいよ~と教えてくれました。

そこで、月曜日に行くはずだった最初の病院は(予約も入れてなかったので)パスして、朝電話をして教えてもらった病院へ。
そこで、整形外科の先生に自転車で鎖骨を~と言ったら、山崎先生ですね!と即座に言われ、山崎先生は火曜日の午前中が担当なので、手術の相談などは明日また来てねとのこと。
月曜日の午前中はレントゲン、CTなどを撮ってもらい、滞在時間1時間ほどで仕事へ。
今回お世話になった川崎の慶友会の病院は、こじんまりとしていて、レントゲンやCTなどの検査で待ち時間がほとんどないのがとてもよかったです。
今回の折れ方はたちが良かったらしく、鎖骨バンドをしていればほとんど痛くなくて、普通に仕事に行けましたw

火曜日の午前中に山崎先生に診てもらい、やはり、左鎖骨遠位端(肩に近いほう)の骨折で、隙間が7mmくらいあるから保存療法では時間もかかるし、ずれてつながる可能性も高く、手術をお勧めしますとのこと。

20191122鎖骨骨折手術前b

遠位端の骨折なので、手術になるのは仕方ないのですが、わざわざ川崎の病院まで来たのは、ここだと、身体に負担の少ない手術をしてもらえると思ったから。
通常、鎖骨骨折ではチタンのプレートを入れて、ボルトで固定し、骨がつながったらプレートを取り出すのですが、山崎先生はチタンのボタンをアンカーにして、丈夫な糸で離れた骨を寄せる手術を得意としていて、多くの競輪選手の鎖骨骨折手術を手掛けておられるのです。

火曜日は山崎先生の診察と、入院前の尿検査・血液検査・レントゲン検査・血液検査などを行い、これまた1時間ちょっとで終わってお仕事へ。
入院は木曜日の14時、金曜日手術、土曜日退院と決まりました。

水曜日は朝から普通に仕事に行って、木曜日は午前中仕事に行こうかと思ったけど、せっかくだからwと、午前中もお休みして、溜まった家事を片付けて病院へ。

金曜日の手術は一番手で朝10時からで、麻酔から覚めて帰ってくるときに何時ですかと聞いたら10:30で、スピード手術でした♪
麻酔時間が短かったので、身体へのダメージも少なく、14時には立ってお手洗いに行ってよい許可がでて、夕食時には点滴が外れました。

20191122鎖骨骨折手術後b

隙間が空いてた鎖骨はぴったり接していて、骨ができる準備ができました。
これだけ隙間が少ないと、すぐに骨ができそうです♪
でも、2週間は腕を上げるのは90度までの挙上制限が付いてます。
腕を上げなければ運動もOK、飲みすぎなければお酒もOK、重いものを持つのもOKとのこと。
いやぁ、すごい。ほとんど制限ないですね。。。

術後の痛みもほとんどなく、たくさんもらったロキソニンもほとんど飲まずに済ませそう。
いったん帰宅して、昼食を食べて、車を運転して一週間分の食材の買い出しに行きましたよ。
前に右肩を骨折した時の経験で、悪いほうの腕は送りハンドルでも車の運転ができることはわかっていたのですが、私の車はマニュアル車だった。。。
マニュアル車は左手が忙くて、最初、シフトレバーを操作するのにちょっと力が入りにくかったり痛かったりしたのですが、やってるうちに慣れてきましたww

帰宅後は低周波治療器で怪我で過緊張している筋肉をほぐしながら、掃除、片付けなど。
さらに夕食まで時間があったので、軽くローラーを回しておきました。

私のロードのポジションでは、上ハンで腕が90度以上上がらないので、ちゃんと両方の手てハンドルを持ってローラーできました。
ただ、ダンシングは何かダメだったなぁ。。。

今回の鎖骨骨折は、他に肋骨などは折ってないし、擦過傷や打撲もないので、全体的にとても元気です。
しかも、折れ方が良かったのか、鎖骨バンドだけでもほとんど痛くなかったし、手術後もほとんど痛くない。

実は夫は3回鎖骨を折っているのですが、それと比べると遥かに楽ですね。
もちろん怪我しないのが一番ですが、今回は経過が良くて本当にラッキーだと思います。
律子さん、いい先生を紹介してくれてありがとうございました!
&いろいろと面倒を見てくれた夫もありがとうございました!

****
ちなみに、前回折った右肩ですが、その後、3年くらい経ってやっと普通に万歳できるようになりました!
最近では右肩の力もついて、気合を入れなくても自転車を上の段のラックに掛けられるようになっています。
可動域はほぼ完ぺき。力がちょっと弱い感じですかね。
でも、このまま普通に使っていれば、そのうち右の力もついてきそうな感じです。
長かったけど、あきらめずに可動域を広げる運動を継続してよかったです♪

術後1年の経過観察に行ってきました

【術後約1年】

何と6ヶ月ぶりの骨折日記ですね(^_^;)

昨年11月に鍼に行き始めてから、5回位、今年の1月始めくらいまで鍼に通いました。
お陰で、肩甲骨の固さは大分取れて、腕は前からも横からもほぼ真上に上がるようになりました。
(頑張って上げているとやや痛いんですが)
4月には、左を上、右を下で、背中で指先が触れ合えるようになりましたよ。

2月くらいには右を下にして寝られるようになりました。
3月くらいには最後まで残っている右手の人差指のしびれも、大分治まってきて、5月現在では、指先がちょっとしびれているだけになりました。

上がる角度にはさほど変わりはありませんが、日々ストレッチをしているおかげか、右脇腹や肩甲骨周りの筋肉の動きは少しづつですが、まだまだ良くなっているような気がします。
ストレッチは、ゆるめたり、テニスボールでゴロゴロしたり、伸ばしたりと、暇を見つけてはいろいろとやっています。

普段の生活には全く困っていませんが、2月末にスキーに行った時、力が無くて車の屋根につけているキャリアに板が上げられないことを発見し、通勤時に通勤カバンで筋トレしていますが、まだ通勤カバンは前、横とも45度位までしか上げられません(左では軽く90度まで上げられる)。

で、病院ですが、術後1年目の経過観察に行ってきました。
4月で前の先生が移動になったらしく、新しく、新しい先生に診てもらいましたよ。
腕の動きは非常によいとのこと。
ただ、横に水平に上げたところを手で抑えられて、それをもっと持ち上げようとすると全然力が入らない。

骨折があまりにも粉砕骨折していたので、レントゲンでは全部付いているかどうかは不明とのこと。
難しい手術だったからなぁ・・・とか言ってましいた(-_-;)
くっついた部分に付いている筋肉で引っ張っているので動いてはいるけど、筋力は出ないかもとのことです。
経過観察に1年に1回は診せて欲しいなぁと言われてしまいました。
#次回は来年の3月末

もちろん、途中で少しでも変だったらすぐに来るようにとか。
え~、そんな可能性があるの???

とりあえず、日常生活には全く困っていないので、引き続き、ストレッチと筋トレは続けていきたいと思います。

鍼灸整骨院に行ってみた

【術後 27週と1日(190日):約6ヶ月】

術後6ヶ月が過ぎました。
リハビリの甲斐あり、左手で右手を支えて手を上げてくると160度位まで上がるようになって久しいです。
#こっちは記録を取ってなかったので、いつからかはわからない(^_^;)

自分で上げてくるのは、これも大分改善して、リハビリの施術前で135度~150度と上がるようになりましたが、1ヶ月位この状態で足踏みしています。
で、自分で上げるのは、筋力が付けば上がるとしても、左手で支えてもこれ以上上がらないのは困りものです。
つまり、それ以上はどんなに頑張って筋トレしても無理ってことで。。。

歩いている時、仕事の合間、トイレ時などこまめにストレッチし、ストレッチポールも使っているのですが、どうも肩周りの固さが取れず、160度から改善しないし、前回、10日(月)にメインのリハビリ担当の先生から、年内は頑張って通って、これ以上改善しないようならそろそろ終了と言われたので、次の手を打たなければと思い始めました。

160度といえば、普通に手を上げてくれば、まぁ、バンザイに見える感じではありますが、壁を背にして水泳のストリームラインの姿勢をとろうとすると、右手だけ20度位外側に開いて、20度位前に出ちゃう感じです。

私の感じだと、肩甲骨周りなど、あと少しだけ筋肉の固さが取れれば、もう少し改善しそうなんだけど。。。。
ここまで頑張ったんだから、完璧を目指したい(^_^;)。

ということで、twitterのお友達が、以前鍼を勧めてくれていたので、職場近くの鍼灸整骨院に行ってみました。
まずは先生の診察があって、欠けた骨が5mmズレて付いているから、180度まで上がるようになるかどうかわからないけど、とりあえずやってみましょうということになりました。

まずは、超音波+電気。
今通っている病院の超音波は甘い!と思える位強めの超音波に電気をミックスして、いかにも癒着した筋肉を剥がしそうな効いてる感じです。今の病院は超音波5分ですが、今日は全部で10分くらいはやってもらったかな。

次に、鍼を打ってもらって、鍼にも電気を流します。5分位か?
これまた、電極を刺されたカエルの脚のごとく、筋肉がぴくぴくと動いて効いている感じ。
最後に手技療法。

すると、先生が、超力を入れて肩甲骨を動かそうとするけど、全く動かないらしく、これはこっちにも鍼をということで、背骨と肩甲骨の間あたりに数本鍼を。
これは電気は流さなかったけど、打ってる時から効きそうな感じでした(^_^;)

これで大分肩甲骨が動くようになったみたいで、再度手技療法。

終わって帰るときは、肩甲骨周りだけ、筋肉の違和感が消えて、それ以外の肩周りの違和感が気になりました(^_^;)
保険が効かないのが痛いですが、そんなに回数通わなくても良さそうな予感がしますので、しばらく今の病院と平行して通ってみたいと思います。

------ twitterのつぶやきを拾っておこう ------
2014年10月24日(金)
リハビリ通院だん。今日は施術前で150度、施術後で初の155度まで腕が上がった(^_^)。念入りにマッサージしてもらって右上半身が軽くなりました。

2014年10月27日(月)
リハビリ通院だん。今日は施術前で130度までしか腕が上がりませんでした(測り方を厳密にしたらしいw)。肩甲骨周りの新しい筋トレ指示が出たので頑張ります。

2014年10月30日(木)
リハビリ通院だん。今日は先週金曜日よりは上がって施術前140度、施術後155度。背中の筋トレが効いて筋肉が硬くなってるみたい。筋トレがんばろう。

2014年11月6日(木)
風邪っぽいのも少し治まったので、リハビリ通院だん。今日は施術前145度、施術後160度と、初めて160度に到達\(^o^)/。昨日、職場のトイレのさんにぶら下がって肩を伸ばしていたら、コリっと言って、急に肩の動きがスムーズになりました。何だったんだろう?w

2014年11月10日(月)
リハビリ通院だん。今日は痛かった。とりあえず、年内は通ってみて、それでこれ以上改善しなかったら終わりにしようかという流れになってます。施術前135度、施術後150度。

2014年11月14日(木)
今日はいつものリハビリ通院はお休みして、初めての鍼に来てみました。メインで打ってもらった肩甲骨周りだけ異様に(w)違和感が取れて、それ以外の肩周りのもさっと感が際立ったw これは効きそうなので通ってみよう。鍼を勧めてくれた@gak_t12さん、ありがとうございます!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】